むらさきはじめのブログ 『頑張らない人間の独り言』あなたの”暇つぶし”の友達です。

みなさまに”暇つぶし”を提供します。~ときどき真面目なこともあります~

【中華一筋】にんにく60片入り豚ロース肉の生姜焼き Gingered Pork with 60 Garlic Chips.

f:id:murasakihajime:20200718195804p:plain

 

 

youtu.be

さぁところで今日は生姜焼きです。
元々は肉の臭みを抑えるために生姜の汁に漬けた肉を焼いた日本料理だと言われている「生姜焼き」
きっと皆様大好きですよね。
丼に盛られた熱々の大盛りご飯とシンプルな味噌汁、黄色いタクアンが小皿に2枚、キャベツの千切りが山盛りになった横に添えられたアイスクリームディッシャーで取った手作りのポテトサラダ、タレがたっぷりと滲み出てキャベツに最強のテイストを追加してくれている豚肉の生姜焼きがセットになった魅惑の定食は、お腹と背中がくっつきそうになるくらいな時に見ると、それがショーウインドウのサンプルだと理解していたとしてもクラクラと目眩がしてその場にぶっ倒れてしまうんじゃないかという錯覚に陥ってしまいそうなこの昭和感が大好きです。
そもそもひと口に生姜焼きと言ってもそれは様々で、気の利いた和食店のメニューの隅っこにあるちょっと小洒落た生姜焼きもあれば、街中華というノスタルジックな括りだけで既に旨い飲食店のオヤジが作る胃袋にガツンとくる絶品生姜焼き。さらには味もさる事ながら頼んでもいないのに栄養面と経済面がとにかく重視されまくった母の作る誰しもが基本と感じる味を持つ安定の生姜焼き。
そして中華一筋厨房スタッフにはもう一つの生姜焼きがあります。それは「賄いの生姜焼き」です。
今日久しぶりにチーフのためにイチナベさんが作ってくれた賄いの生姜焼きは、通常隠し味で使用する果実の部分を以前公言していたにんにく60片に変更してしまったガリハラスタイルの生姜焼きです。
しかも隠すどころか完全露出の無修正です。
見た目も超映え映えの素晴らしいひと品でしたが、ガリビギナーなチーフにはやはりまだ少し早かった様ですね。
もちろんチーフが食べられなかった分は全て中華女子なっちの胃袋に収まった様です。
にんにく一筋厨房は今日も賑やかで和やかです。


≪食材 調味料≫ にんにく(G60)、豚ロース、キャベツ、生姜、酒醸、豆板醤、料理酒、醤油、砂糖、みりん、鶏がらスープ、マヨネーズ