むらさきはじめのブログ 『頑張らない人間の独り言』

頑張ることをやめるのは必ずしも「努力」をやめる事とイコールではない。

ハンターカブ復活!バイクって良いよね(*´ω`*)

f:id:murasakihajime:20190928211203p:plain

ホンダが東京モーターショー2019で世界初公開するコンセプトモデル・CT125は、“ハンターカブ”の愛称で知られる往年のCT110を、現代の技術で復刻するもの。これをつくり上げたのは、スーパーカブC125やモンキー125の開発で知られる、ホンダがタイに開設したデザインR&Dセンターだ。CT125のベースとなっているのは、上質な運転感覚や高品質なディテールで人気となっているスーパーカブC125。

youtu.be

 

 

HONDA CT110[1981]

1961年にアメリカ向けに開発されたC100Tという、初代スーパーカブC100ベースのトレールバイクが先祖のようだ。釣りや狩猟、農作業などに使われて大ヒット。同じく北米で1963年にはC105Hという54ccの後継機種が登場した。これが日本ではハンターカブC105Hとして発売され、ハンターカブの名が誕生している。1964年に北米発売された90ccのCT200は、ホンダ公式にて「スーパーカブの持つポテンシャルを生かしたトレールモデルで、豊かな自然が多いアメリカ市場を考慮、大型ハンドル、キャリアなど装備充実のハンター向けモデル」とされる。アップマフラーやガード類による悪路対応、減速比の異なる2枚のドリブンスプロケットを装備するなどして、タフな走りを披露した。

young-machine.com