むらさきはじめのブログ 『頑張らない人間の独り言』あなたの”暇つぶし”の友達です。

みなさまに”暇つぶし”を提供します。~ときどき真面目なこともあります~

まるで宝石のような美しさ!”アオミオカタニシ”

ãããã¿ãããã«ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

南西諸島(奄美群島沖縄諸島宮古諸島八重山諸島)及び台湾、パプアニューギニアの各地に分布する。しかし奄美群島奄美大島、徳之島、与論島)では絶滅したと考えられている。

 

 

主に石灰岩地域の森林内に生息するが、公園や農地周辺等の人の生活の近い場所でも確認することができる。樹上性の巻貝で、樹木の幹肌や葉の裏、ゲットウクワズイモ等の草本に付着している。冬季には林床のリター(落葉・落枝)内で生活する。餌は樹皮につくコケなど。

 

 

その名の通り透き通るような緑色(青色)をしており、他の陸生貝類(カタツムリ)と見分けがつきやすい。この緑色は殻ではなく本体(外套膜)の色で、殻は白色を呈した半透明である。そのため死殻(死骸)の色は乳白色であるので注意が必要である。

 

 

雌雄異体で、大きさは殻高15mm前後、殻径15mm前後。殻は薄く、形状は丸みを帯びた円錐形で殻頂は尖る。殻口は円形で、縁は外に反り返り、蓋を持つ。この蓋を持つことも一般的なカタツムリ類との大きな違いである。この蓋はカタツムリの中身が出た際には後方に開く。また、カタツムリの多くが触角を2対もち、その先端に眼をつけるのに対し、本種は触角が1対で、眼もその基部につける。

 

 

youtu.be