むらさきはじめのブログ 『頑張らない人間の独り言』

頑張ることをやめるのは必ずしも「努力」をやめる事とイコールではない。

中国式”おもてなし”

é¢é£ç»å

みなさんどうも、むらさきはじめです。

皆さんは”中国”へ行ったことはありますか?私は以前の仕事の都合で、何度も中国に行ったことがあります。そこで中国人の、中国流の「おもてなし」を受けた時の話を今日は書きたいと思います。

 

 

仕事で行ったので訪問先は必然的に「取引先」になります。ビジネスですね。日本では取引先に行くと日本っぽいおもてなしを受けると思いますが。中国ではまず「お茶」です。

しかも取引先の偉い人、私の場合は社長さんでした。偉い人が自らお茶を入れその場にいる人たち全員に振る舞います。この作法は中国では一般的だそうで、逆に入れないほうが失礼に値するそうです。中国での「お茶」なので”烏龍茶”です。しかし、日本の烏龍茶と違うのは。黒く、そして苦くはありません。むしろ甘味が強く、紅茶に近いです。日本の「緑茶」と「紅茶」の中間みたいな感覚でした。渋さや苦さが少なく飲みやすく。しかも、おちょこみたいな大きさの器に常にアツアツを入れ続けてくれます。

 

 

 

 

 

商談や仕事の話をした後は食事です。

結構知られていますが、本場のものを体験するとマジでビビります(笑) 

取りあえず何がスゴイかというと。

量が多い!

本当に永遠と出てきます。次々と大皿の料理が出てきます。もはやキッチンが永久機関と化した状態ですよ( ´∀` )

 

 

この料理が永遠に出てくるシステムは何時終わりを迎えるのかというと。

客人が食べるのをやめるまで。

日本では出されたものを全て食し、「満足」とされるのが一般的ですが。中国では「食べきれないほどのもてなしを受けました」と、言う感覚で「少し残す」のが常識みたいです。

なので、永遠と料理が出てきます。一皿をみんなで食べると、また一皿。ほかの一皿を完食するとまた一皿出てきます。無限ループです。

青椒肉絲おいしいな。完食)(あれ?今度は回鍋肉みたいなの出てきた。)もうホントにコレの繰り返し。

ちなみに、この「大皿料理」にも色々意味があるみたいで。提供側ともてなしを受ける側で、「同じものを食べ、これは安全ですよ」と、言う意味もあるみたいです。 

 

 

 

皆さんももし「中国」に訪問の機会がある、また「おもてなし」を受ける際は食事には十分に気を付けて下さい。

最後にお腹が弱い方は「正露丸」もお忘れなく。私は約十日間お腹を壊した経験もあります。(その時は屋台で食べたからかもしれません)

それでは皆さんまた次回むらさきはじめでした。

 

 

 

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com