むらさきはじめのブログ 『頑張らない人間の独り言』

頑張ることをやめるのは必ずしも「努力」をやめる事とイコールではない。

雀荘で出会った愛すべき愉快な”オジサン”たち。

ãéèãã¤ã©ã¹ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

みなさんどうも、むらさきはじめです。

皆さんは”麻雀”ってやったことありますか?そして”雀荘”に行ったことはありますか?

そもそも麻雀ってあまり良いイメージをもっていない人が多いと思いますが。本当は戦略、心理、駆け引きを駆使するとてもよくできたゲームだと思います。しかしながらどうしてもギャンブル性のイメージが強く出てしまっているのが現実です。

今回はそんなイメージを払拭できるような私の実体験を「雀荘で出会った愛すべき愉快な”オジサン”たち。」という形で面白可笑しく書いていきたいと思います。

 

 

 

〇月✖日△曜日(多分平日) 午後…大体…14時くらい。

当時行きつけの雀荘にてフリーで顔なじみのメンバーと楽しく打っていると。

「おっす!おっす!今日もやっているのかい?」

愉快な声のトーンと共に登場した今回の主役オジサンの名前は常連のEさん。このEさんは当時60歳前半で、会社を定年退職して間もなく、要するに毎日毎日ヒマを持て余す毎日を送っている人でした。

「いやー!昨日は負けたからね!昨日女房から『いい加減にしろっ!』なんて怒られてさ(笑)。」「家にいれば居るで邪魔者扱いだしさ。」

Eさんは絵に描いたような定年退職したオジサンです。本当にこの雀荘に毎日通って来ていて毎日毎日真面目にこの雀荘に貢献しています。

「この半荘(はんちゃん)が終わったら僕が変わりますよ。」

と私むらさきはじめが言いました。

「おっ!悪いね!じゃあ今から他の人たちの打ち方を研究しなくちゃ。」

と、元気に言いながら他の人たちの後ろに回り込み手配をのぞき込み実況を開始します。

「ふ~ん。あ~!そこね。そうか、そうか。」

アメリカ人の様なオーバーリアクション。周りの人たちももう慣れているので笑っています。

そしてその半荘が終わり私がEさんと交代することになりました。

「どうぞ。今日は頑張ってくださいね。応援しているんですから。」

と私が言うとEさんはとてもにこやかに言います。

「ホントかよ~(笑)いつも一緒に打つ時は厳しいのにな。」

そう、実はEさん麻雀が大好きなだけの弱い人なんです。

「じゃあ頑張るか!」

と意気込んでお店の人に言います。

「ツメシボ(冷たいおしぼり)と加藤茶(ただのお茶)ね。」

ギャグが寒いEさんですが悪意のない感じがみんなの笑い(苦笑)を誘います。

Eさんが卓に着くと私はEさんの後ろのソファーに座ります。

とてもにこやかに勝負は進んでいき、時折Eさんのくだらないギャグが聞こえて来ます。すると突然Eさんから力強い声が聞こえました。

「ぶィィィリィィーちっっ!」

気になった私はEさんの後ろへ見に行くと。

「おぅ!これだよっ!」

と、とんでもなく嬉しそうに手配を見せて来ました。その手配をみて私は少し驚きました。なんと、約7巡目くらいにして”ジュンチャンサンシキドラドラ”の聴牌(テンパイ)ペン7ソウ待ち。これは強い!しかもEさん親番です。

そしてドキドキの一発ツモのタイミング!Eさんの指に力が入ります!

「く~!はいっ!」

 

「イヌのおち〇ぽーーーーー!!!!!」

 

んっ!?今Eさん”犬のち〇ぽ”って大音量で叫んだ!?

そう7ソウってこんなデザインなんです。

ããã¼ã½ã¦ã麻éãã¤ã©ã¹ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

 

なんか昔はEさんの仲間うちでは7ソウのことを”犬のおち〇ぽ”って言っていたみたいです。下品ですが、若干”あ~。”と思います。(わかる人はわかると思います)

で、Eさんの今回の点数は。

  • リーチ         1ハン
  • イッパツ        1ハン
  • ツモ          1ハン
  • ジュンチャンタ     3ハン
  • サンショクドウジュン  2ハン
  • ドラ✖2        2ハン

24000点 倍満(親)

Eさんは大喜び。周りのみんなもスゴイスゴイとほめていました。

いきなり1位に躍り出たEさん、終始その半荘はいつもよりもにこやかに打っていました。しかし終わってみるとEさんの順位は3位と、なんともな結果。

「さあ!次はヤクマンだからなっ!ヤクマン!」「あんちゃんもみたいだろ!?」

「ぜひ見せて下さいよ!」

 

 

その日のEさんはまた負けたみたいでした。

実際にあった「雀荘で出会った愛すべき愉快な”オジサン”たち。」の話。

それでは皆さんまた次回むらさきはじめでした。

 

 
 
 

 

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com