むらさきはじめのブログ 『頑張らない人間の独り言』

頑張ることをやめるのは必ずしも「努力」をやめる事とイコールではない。

トヨタ社長「終身雇用難しい。」発言に個人的に思う事。

ããã¨ã¿ã社é·ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

みなさんどうも、むらさきはじめです。

トヨタ自動車豊田章男社長の”終身雇用”に関する発言が話題を呼んでいるのは皆さんは知っていますか?

5月13日の会長会見で。「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた。」と言っています。

この発言に対して私の個人的かつ自分勝手な考えを簡単に書きたいと思います。

そもそも終身雇用がまだ存在しているのか?

まずは”そもそも終身雇用がまだ存在しているのか?”どうなのか?という事ですが。実際はまだまだ日本には年功序列と共にこの感覚は存在しているようです。新卒から定年まで勤めあげるなんてきこえはとっても日本人らしく、生真面目な感じに聞こえますが、今の時代には向いていない事は明らかだと思います。

新卒の時はバリバリ生産性の高い現場の仕事等を行い年齢と共に若手に仕事を譲っていく。本人は役職だけのお飾りになりがちで会社にいてもパソコンでソリティアをやっているだけになります。そうなれば安心、安泰、という風潮が日本にはあり、今でも存在するようです。皆さんの上司はどうですか?

 

会社側はどうなのか?

会社側としては昔はそれでよかったのかもしれませんが、今の時代はそうはいかないという事はもう明らかですね。雇用保険料も年々上がり続け、特に中小企業は本当に大変だと思います。「この会社で定年まで頑張ります!」と言われたらきっと「ええぇ…。」と感じる企業もいると思います。

 

 

個人の時代に。

今回のトヨタ社長の発言でより一般の人たちに理解されることになったことが一つあるとすれば”働きかた”が集団から個人になったという事でしょうか。個人のライフスタイルにあった働きかたがよりメジャーになって行く事でしょう。

 

 

最後に。

最後に私の知り合いの経営者のお話をしたいと思います。その知人は学生の時に”バブル崩壊”を経験し、その瞬間”終身雇用”が終わったと思ったそうです。そこから起業を目標にしたそうです。この話を参考にすると、1991年(平成3年)3月から1993年(平成5年)10月あたりに”終身雇用”が衰退し始めたという事になります。

そこから30年近く経ち現在に至るわけですので、存在することの方が難しい事がわかりますね。

この事についてのたくさんの記事や意見がありますが、皆さんはどう思いますか?

それでは皆さんまた次回むらさきはじめでした。

 

 

そりゃみんな年金払わなくなるし、保険屋さんが元気になるよね。

 

 

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com