むらさきはじめのブログ 『雑な人間の独り言』

人生結構どうにかなるけど人とのつながりは忘れてはいけません。

今年一番うれしかったこと(^-^)

皆さんどうも、むらさきはじめです。

 

Christmasも終わり、今年もカウントダウンに入りました。

 

そんな事であちこちで「今年を振り返る」とか何とかカンとかっていう、記事が多いですね。

 

そんな中私も少しだけ一年を振り返りたいと思います。

 

実は今年の6月にとってもうれしかった事があったのでその話をしたいと思います。

 

何があったって?・・・。

 

まぁ、先に言いますが10年ぶりに初めて勤めた会社の「上司」に会う機会がありました。

 

その上司は自分よりも9歳年上で、当時若造だった私によく仕事もそうですがプライベートの事や自己管理の事で「注意」をしてくれました。

 

当時の私はそんな事聞く耳を持つわけがありません( ´∀` )

 

「はぁ・・・。」とか「そうですか。」とかひどい時は笑って聞き流していました。

 

しかし、その上司はそんな私に何度も何度も何かがあるたびに「注意」(助言)をしてはご飯をおごってくれました。

 

実はその会社には1年間しか勤めませんでした。その1年間でその上司からは色々なことを学ぶことができました。

 

社会人マナーから名刺の渡し方。今、私がある程度きちんと責任を持って仕事が出来るのもその上司がいたからだと私は思っています。

 

その「注意」(助言)や社会人マナーの大切さはその会社を辞めて、他の組織(会社)に入ってから気づきました。

 

「当たり前」のことが出来ない人が世の中には結構たくさんいます。その「当たり前」ができてこそ「ビジネス」としてまた、その組織での自分の価値が認められるものなのだと。

 

「自分自身の必要性や価値は自分が決める事ではなく、あくまで他人が評価して決める事。」「それでも評価されない奴はどこに行ったって何もできない。」

「・・・。たまにそれができない会社も存在するけれど、それを見抜く事ができないのも自分の価値が低いから。」

「それが嫌なら自分で独立してすべての責任を自分自身で負うしかないよ。」

 

その上司の言葉です。

 

この言葉に対しては色々と考えられることもあると思いますが、私はその通りだと今では思います。

 

常々私は今仕事をしながら思います。

「あそこの担当者さん仕事してくれないかな。」とか「文句言う前に書類作れよ。」とか「出来ないなら出来るって言うなよ。」とかね(´・ω・`)

 

色々と理由があるのだとは思いますが。それが他人からの「評価」です。

 

常に相手の立場に立って考え、仕事(お金が発生する)だと考える。

 

当たり前のことだと思いませんか?

 

そんな事を教えてくれた上司は今は結構大きな会社の事務長になっています。当時は未婚でしたが結婚もし、子供もいます。

 

当時に比べるとギラギラした感じが無くなってしまいましたが、視線は相変わらずまっすぐ私をみていました。

 

「お前もなんだか丸くなったな(笑)」

「あの頃はホントにバカ丸出しだったのに今はなんだか金勘定が好きな電卓みたいな顔になってるぞ(笑)」

「あと、車の運転は上手くなったか?」(上司は元走り屋)

 

本当にうれしかったです。

 

私も「あの頃あなたに出会ってなければ今の私はないです。」なんて言ってみたら。

 

上司は言いました。

「自分自身の必要性や価値は自分が決める事ではなく、あくまで他人が評価して決める事。」

「だから今のお前の価値は今のまわりの人たちが決める事だよ。」

「俺のおかげではない(笑)」

 

今年1番本当にうれしかったです。

f:id:murasakihajime:20161225202218p:plain

 

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com

murasakihajime.hatenablog.com