読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらさきはじめのブログ 『雑な人間の独り言』

人生結構どうにかなるけど人とのつながりは忘れてはいけません。

おススメの本29

皆さんどうも、むらさきはじめの「おススメの本」今回もよろしくお願いします。

 

今回紹介する本はこちらです。

人間失格

人間失格

 

 「太宰治」さんの「人間失格」です。

 

コピペで失礼します。

 

 私は、その男の写真を三葉、見たことがある。
 一葉は、その男の、幼年時代、とでも言うべきであろうか、十歳前後かと推定される頃の写真であって、その子供が大勢の女のひとに取りかこまれ、(それは、その子供の姉たち、妹たち、それから、従姉妹いとこたちかと想像される)庭園の池のほとりに、荒い縞の袴はかまをはいて立ち、首を三十度ほど左に傾け、醜く笑っている写真である。醜く? けれども、鈍い人たち(つまり、美醜などに関心を持たぬ人たち)は、面白くも何とも無いような顔をして、
「可愛い坊ちゃんですね」
 といい加減なお世辞を言っても、まんざら空からお世辞に聞えないくらいの、謂いわば通俗の「可愛らしさ」みたいな影もその子供の笑顔に無いわけではないのだが、しかし、いささかでも、美醜に就いての訓練を経て来たひとなら、ひとめ見てすぐ、
「なんて、いやな子供だ」
 と頗すこぶる不快そうに呟つぶやき、毛虫でも払いのける時のような手つきで、その写真をほうり投げるかも知れない。

 

最近改めて読んだんですけど、結構スゴイこと書いてありますこの作品。

 

内容は・・・。読んで下さい。

 

面倒なわけではありません(´・ω・`)本当に言葉に困ります。

 

最近自分の本棚の中の古い作品を改めて読むのにハマっています。

 

古い作品を改めて読むのも良いものですね。

 

murasakihajime.hatenablog.com