むらさきはじめのブログ 『雑な人間の独り言』

人生結構どうにかなるけど人とのつながりは忘れてはいけません。

おススメの本2

少し前におススメの本を紹介しました。

 

実はそのあと紹介した本を改めて読み返しました。

 

一度読んだ本ではありますが、とても面白かったです。

 

読み返すと結構忘れているところが多く、新鮮な気持ちで読むことが出来ました。

 

本棚をあさっていたら自分が今まで読んだ本がたくさん出てきました。

 

その中で「これ、結構面白かったなぁ。」と思う本がいくつか出て来ましたので、紹介したいと思います。

 

今回も気分ですが、皆さんに面白い作品をジャンル問わず読んで欲しい。

 

こんな気持ちの上で何冊かこれからも紹介できればと考えています。

 

今回は、伊坂幸太郎作の「死神の精度」です。

 

先に内容を私的に簡単に言うと。

 

「死神」が「死ぬ予定」の人のところに行って見届ける。そして「死神」は「music」が大好き。って感じです。

 

この作品は結構長いかな?と思いながらも、スラッと読めてしまいます。

 

この作品も映画化されています。

 

TSUTAYAさんでレンタルをして観ました。面白かったです。

 

原作も映画もおススメです。皆さんいかがでしょう?