読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらさきはじめのブログ 『雑な人間の独り言』

人生結構どうにかなるけど人とのつながりは忘れてはいけません。

若者の車離れ

最近、と言うかここ数年若者の「車離れ」が話題になっていることについて書きます。

 

「車なんか無駄だからいらない」「お金がもったいない」「そもそも必要ない」なんて言葉が多いですね。

 

まぁ、現代の公共交通機関はかなり便利です。都心や主要都市に近ければ必要ありません。

 

車好きとしてはなんだか寂しいですね。

 

本当に公共交通機関の不便なところに住まない限りは必要ありません。これは誰がどう考えても、その通りです。

 

私が思うに、そう少し車に対しての「税金」を軽減すれば所有者は増えるのではないか?と考えます。

 

税金だけではありません、「車検」なる制度も見直しても良いのでは?

 

昔の車に比べて今の車はとても素晴らしいくらいに進化しています。これに対してはもう少し、「エコカー減税」や「免税」以外にも緩和すべきだと思います。

 

昔の車に乗っている人も確かにいますが、日本の道路だって進化していますし、安全性も格段にアップしているじゃあないですか?

 

何故でしょう?大きな金額が若者たちから動き出せば経済だって潤うと思うし、意味の分からない税金アップ(怒)だって必要なくなるかもしれません。

 

自分は政治家ではありませんのでわかりませんが。

 

私は中学生の頃に「頭文字D」に憧れて車を購入しようと免許を取る前から考えていました。

 

そんな憧れも今はないのでしょうか?本当に寂しいです。

 

どこかの知事さんや、議員さんみたいに「税金の無駄使い」をするのであれば、このような部分に注目してみてはいかがなものかと?政治家さん。

 

スポーツカー。カッコイイじゃあないですか(´・ω・`)