読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらさきはじめのブログ 『雑な人間の独り言』

人生結構どうにかなるけど人とのつながりは忘れてはいけません。

音楽の行きつくところ

私は趣味で音楽をもう結構長い事やっています。

 

もちろん聴くのも好きです、自分自身できるだけ色々なジャンルのものを聴いて、たくさんの感覚を養っているつもりです。

 

世の中にはそれはそれはたくさんの「音」が存在します。

 

楽器の奏でる音、人の声、日常生活での雑音、日々本当にたくさん音に囲まれています。

 

その中でより心地よく、そして楽しみ、感情を加えたものが「音楽」だと思います。

 

ピアノを奏でる人、ギターをかき鳴らす人、声に魂を込める人、様々です。

 

その中で「雑音」いわゆる「noise」で音楽を作る人もいます。

 

人間が日常生活を送っている中で、一番違和感なく耳に入ってくるのはこの「雑音」でしょう。

 

ある意味「心地よい」?のかもしれません。

 

ピアノの曲で、ピアノのふたを開けて何分かして、ふたを閉じる。なんて曲も存在します。

 

これは周りの人の反応の「声」だったり、「咳払い」「靴の音」「会場を出ていく人」の「音」そのものが「音楽」だと言います。

 

何だろう?音楽も行きつくとこんな感じになるのでしょうか?

 

日本にも「コーネリアス」と言うバンドが有名ですね。結構有名です本当。

 

口では、文章ではあまり説明が。本当に説明がしにくい音楽を手掛けています。

 

興味がある方は聴いてみてはいかがでしょう?

 

免疫がない方は意味不明かもしれませんけれど。