むらさきはじめのブログ 『雑な人間の独り言』

人生結構どうにかなるけど人とのつながりは忘れてはいけません。

日本の仕事に対しての考え方。

今の日本の仕事に対しての考え方はだいぶ変わってきたと思います。

 

昔は一つの会社に定年まで勤めあげるのが「美徳」とされる事が多かったと思います。

 

しかし今は一つの会社に勤めていただけではスキルや価値観がかなり閉鎖的になってしまうと私は思います。

 

自らの考えや、価値観が固まってしまい。発想や、人に対しての振る舞いも単調でつまらないものになってしまいます。

 

これからの日本では柔軟な発想と、寛容な心、そしてコミュニケーション能力が必要になってくると私は考えます。

 

2020年に東京オリンピックを控え日本には大勢の外国人観光客が訪れます。

 

これだけグローバル化した世の中で古い考えはもはやいらないと思います。もちろん日本特有の良いところは良いと思いますが。

 

しかしながら未だに昭和クサイ会社はたくさんあります。実際私もそんな会社に勤めていたこともあります。

 

何が言いたいのかというと。

 

これから新社会人になる人たち!大きな会社に就職することだけが良いわけではありません!

 

これからの長い人生楽しく。そして愉快にすごすにはいろいろな事を経験すべきです!

 

人生一回だけ!後悔しないように!たくさんの人に出会うことができれば自然と自分の周りに味方が増え。物事の考え方もより豊かになります。

 

その中で素晴らしい人に出会える可能性も増えるものです。

 

例えば、挨拶をしても挨拶し返さない人間のところで働く価値はありません!

 

・・・たまには真面目なことも書いてもいいよね。