「奴ら」再来!

今年に入って二度目の「奴ら」に遭遇しました。 前々から私は「奴ら」に対して忠告してきました。 「お互いの領域を守り、遭遇しなければ危害を加えることはない」と。(今年二回目) しかし、昨日「奴ら」は私の領域に踏み入り、お互いに顔を合わせてしまいました。 その罪は非常に重く、私は「魔剣グラム」を握りしめ「…